about pdx trading

OUR MISSION

Providing excellence in technical and customer support

「卓越した技術・品質サポートでお客様を支える」

pdx tradingはフリーズドライ食品・ドライフルーツ製品など乾燥食品の受託開発・受託製造・輸出入およびそれら事業のコンサルティングを行っています。世界初のフリーズドライメーカー・オレゴンフリーズドライ社およびドライフルーツやマラスキーノチェリーなどの生産・販売を行うオレゴンチェリーグロワーズ社とアメリカオレゴン州にある2社の駐在・総代理店業務を行っていることから、オレゴン州にちなんでポートランド空港の略称である「pdx」を社名に致しました。

日本の食品メーカーで開発・調達・海外子会社の経営などに携わり20年以上フリーズドライ・乾燥食品の分野で日本とアメリカの架け橋として努めて参りました。現在ではアメリカ西海岸を中心に、中国、ヨーロッパなど各地でフリーズドライ・乾燥食品の開発・製造・輸出入を行っています。

オレゴンフリーズドライ(OFD Foods)はNASAとの宇宙食、米陸軍との糧食の開発を経て、30年という超長期賞味期限のマウンテンハウス製品など、アメリカ・オレゴンで50年以上にわたり高品質なフリーズドライ食品を製造しているフリーズドライのリーディングカンパニーです。

pdx tradingはOFD社のフリーズドライ素材およびマウンテンハウスなどOFD社ブランド製品のアジアでの代理店として活動しています。

オレゴンチェリーグロワーズ(OCG)は1932年にチェリーの生産者による農業協同組合(COOP)としてスタートし、チェリーやブルーベリーの栽培、加工からマーケティングを行っています。マラスキーノチェリーやドライチェリーなどのチェリー加工品とドライブルーベリーなど各種ドライフルーツやフルーツピューレなどフルーツ加工品を製造・輸出しています。

pdx tradingは日本での駐在業務を行っています。

OUR TECHNOLOGY

会社沿革

"We just remove water...that's all we do"

「食品から水だけを取り除く。他に何もしない。」

富士山の上では水は87℃で沸騰します。気圧が下がると水の沸点は下がります。真空に近い圧力では水の沸点は-30℃になります。この状態では氷を暖めても液体の水にはならず、氷がそのまま蒸発します。この現象を「昇華」といいますが、昇華現象を利用して食品を凍らせて、その氷を低温でやさしく取り除くことで、熱に弱い栄養成分や、色素、フィトケミカルなどを損なわずに乾燥ができる技術がフリーズドライ。

ヨーグルトなどでは有用菌をほとんど失活させずに乾燥することも可能な技術です。フリーズドライされたヨーグルトに水を注ぐと、有用菌が活動し始めます。

フリーズドライの仕組みについては、下のリンクをクリックして解説ページをご覧下さい。

  • 2003年:合資会社Oriental Freeze DryとしてOregon Freeze Dry(現OFD Foods, LLC)の駐在業務を開始
  • 2012年:Oriental Freeze Dryを解散し、全社員がアメリカ・オレゴン本社へ異動
  • 2014年:OFD Foods, LLCの100%支社として合同会社OFD Foods Japanを東京に設立
  • 2019年:社員によるMBOにてアメリカ本社より独立。社名をpdx trading合同会社へと変更し、本店を現所在地へ移転

OUR LOCATION

pdx trading合同会社(旧:合同会社OFD Foods Japan)
〒102-0084 東京都千代田区二番町9-3 THE BASE麹町内
03-6403-7905
pdx trading へのお問い合わせ

pdx trading 合同会社

〒102-0084 東京都千代田区二番町9-3

TEL : 03-6403-7905